政府公認通訳ガイド資格とは?ドライバーガイド資格とは?

観光大国フランスでは政府から公認されたガイドでないと、美術館や代表的観光地の案内をすることができないと法律により定められています。歴史の長いヨーロッパでは先人が残してくれた文化遺産はなによりも貴重であるという意識が根付いており、それらをこれからも末永く保護していくには歴史や美術史に通じた人材による正しい伝授が必要であるという方針によります。

政府公認通訳公認ガイドになるには定められた教育機関でプログラムをこなし、最終的に国家試験を合格する必要があります。時代によって入学基準や合格基準などは若干変容しているそうですが、主な入学基準は

  • 美術史や歴史、旅行に関係のある大学卒業証を持っていること
  • または同様の分野での労働経験が数年あること
  • 最低3か国語を話せること

などになります。

パリを首都とするイル・ド・フランス県内にはガイドプログラムを受講できる教育機関が4箇所あります。これらの教育機関で1年~2年間勉強した後にガイド資格をとるための国家試験を受けます。試験に合格するには

  • 世界史、美術史、文学史などに通じ、かつ全て3か国語で的確に説明ができること
  • 2カ月間に及ぶ実践研修をうけ、かつ論文を提出すること
  • 会社運営に必要なビジネス知識に通じていること
  • レポートの提出をしていること、ガイドテクニックを身に着けるための様々な研修を受けていること
  • 団体ツアーや障がい者を対象にした接客訓練を受けていること

などを満たす必要があります。

最終的に資格を得ると、

  • 美術館や博物館では、ガイド専用レーンから優先入場が可能となる
  • フランスだけでなく、ヨーロッパ全土の美術館や博物館の入場料が一生無料となる
  • ガイド業務を旅行会社から受ける権利がある。ガイド資格のない人材はガイドという名称を名乗ってはならず、添乗員、アシスタント、コーディネーターという名称を使う必要がある。
  • ガイド資格所持者専用の交流会や勉強会がある。

などの特典があります。

ちなみに日本にも訪日外国人を案内するための国家資格、全国通訳案内士という資格があり、フランス政府公認通訳ガイドと同様の役割を果たしているといえます。

フランス公認通訳ガイドに関して詳しく知りたい方は私も入会しているフランス日本語ガイド通訳協会  (仏 Association des Guides-Interprètes en langue Japonaise (AGIJ))のサイトにも説明がありますのでご覧ください。

ドライバーガイド資格とは?

ドライバー資格とは、お客様を社内に乗せてドライバーとして営業活動を行うために必要な国家資格になります。一般自動車免許だけではなく、法律にのっとった営業活動を行うため、そして安全にお客様をお運びするための知識や運転テクニックが問われる試験に合格する必要がございます。日本でいう2種運転免許証と同様の資格です。