自己紹介

はじめまして


船橋知世(ふなばしともよ)

群馬県出身、18歳で単身フランスに移住。

フランスでは権威ある国立劇場付属学校に「外国人がめずらしいから」という理由で合格。卒業後、舞台美術・衣装デザイナーとして7年間旅芸人生活を楽しむ。

美術史・歴史好きが高じて仏政府公認通訳ガイドの資格を取得。

気付いたら通訳ガイドとして独立。現在は個人旅行のお客様のための観光ガイドサービスと法人旅行のお客様のための通訳(日仏英)を中心に活動中。ツアーでは実現できない旅行だったり、誰も引き受けてくれない案件だとお願いされたりするとやりがいを感じる。

パラス級の高級ホテルにて日本文化セミナーも(不定期に)開催中。

なぜ、パリそしてフランスなのか?

最初は「フランスってかっこいい」というイメージのみで渡仏。長期滞在するつもりがあったわけではなく、最初の数年は様々な地方都市で学生生活を謳歌した。

舞台の仕事を始めた時に「オーディション会場がパリにしかない」という理由でパリに引越す。最初は汚い、不親切、物価高いというイメージしかなかったけれど、生活していくうちに文化や時代を超えて「いいもの」をひきつける都市であるパリに魅力を感じるようになる。ノートルダム大聖堂やルーブル美術館などの伝統も大切に守る、それと同時に最新ファッションの発信地でもある、というパリの懐の深さにはいまでも感銘を受け続けている。

ヨーロッパの中心にあるフランス、その中心都市であるパリには2千年以上も前から異文化が入り混じり多様な文化を持つ人々が暮らしている。そんな国際的な土壌があるからこそおのずから感性が研ぎ澄まされ、「いいもの」が集まり、「いいもの」が作られていくのだと思う。

個人事業主としての活動

フランスに興味がない、旅行に興味がないという方にも興味をもっていただけるような活動に取り組んでいます。今のところ、ブログやSNSでの発信活動が中心です。

とはいえ一番力をいれているのはフランスにきていただけるお客様へのサービスです。時間とお金を使って遠いフランスにまできていただいているので、パリやフランスの魅力を最大限に感じていただきたいです。

お客様に喜んでいただくために、サービスのさらなる向上を目指しています。 その一環としてガイド協会での活動も行っています。2018年にはドライバーガイドができた方が喜んでもらえるのではと思い、第二種普通免許を取得。

さらに詳しい自己紹介をご希望の方は次のページにおすすみください。

広告