切符の買い方

パリ首都圏の公共交通機関用の切符を購入するために、買う場所から自動券売機の使い方などを徹底解説しています。

まとめ

  •  買う場所
    • 1窓口
    • 自動販売機
  • 自動販売機での買い方
    • 新式
    • 旧式

↓↓↓要点押さえて的確に6分解説している映像もつくりました↓↓↓

特に自動販売機での作業&購入手続きは動画の方がわかりやすいです。

しかしネット環境が不安定な方達には映像ストリーミングをするのは大変と思い、以下に写真と文章ヴァージョンも用意させていただきました。

買う場所は3箇所

買う場所1 駅の窓口

Comptoir Club.jpg
地下鉄メトロの窓口の様子

窓口は人が対応してくれるというのが最大のメリットです。そして観光都市パリにおいては大体の係員は最低限の英語を話すことができます。

場所

メトロかRER駅内の窓口。

長所

無料の路線図や地図をもらうことができます。入手可能な路線図は5タイプと豊富です。

短所

係員がいないということも少なくありません。また小銭がないから販売を受け付けていないという事もしばしば。

営業時間

営業時間はメトロやRERの営業時間と同じですが朝早い時間帯と遅い時間帯には係員がいないこともあります、ご注意ください。

  • 平日 朝5時~夜中0時半
  • 金曜、土曜、祭日の全日 朝5時~夜中1時半

注意点

IC定期券ナヴィゴ(NAVIGO)やチャージ型パスのナヴィゴ・イージー(NAVIGO EASY)の使用を考えている方へ

カード本体購入のための引き換えクーポン券は自動販売機でも販売していますが、その後に窓口にいきクーポン券と引き換えにカード本体を受け取るという若干面倒な必要があります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください