パリでスキーしよう!

雪が降ると、どこからともなくモンマルトルに集まる人々…。モンマルトルがゲレンデに大変身!

パリは偏西風の影響で比較的温暖な気候とはいえ、札幌より緯度が高い都市です。冬の寒さは厳しく雪が降ることも珍しくありません。平均的な冬であればパリ市内は数センチの積雪で済んでしまうのですが、数年に一度の頻度でしっかり積雪します。そうなるとモンマルトルにはどこからともなく集まってくるのがスキー板を抱える人々です。

蛇行路、急勾配、幅狭の一方通行…でただでさえ自動車泣かせのモンマルトルの道は積雪するとゲレンデに大変身します。そりで遊ぶ家族連れ、スキージャンプに挑戦する若者達などで賑わうのです。せっかく雪が降ったのだから積極的に雪を楽しもうという雰囲気はモンマルトルの伝統です。

2018年はパリの中心地でさえ20センチ以上も積もり、700キロ以上の渋滞を記録する被害がありました。私はモンマルトルにいって雪だるまを作り、スキーを楽しむ人々を観客として楽しみました。次回積雪したらスキーをしてみたいなぁ。

ミニ雪だるまを作りました。
いつも賑わっているテルトル広場も閑散としています。
まわりはスキーをしに集まる人々が…

100年に一度の寒波が日本に到来しています、日本海側は大雪による影響が出ているとのことです。災害にみまわれた方々のご無事をお祈り申し上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください