印象派美術館のセットツアー

日本でも人気の印象派絵画、特にモネの作品を中心に一日美術館ツアーをご用意しました。見学するオルセー美術館&オランジュリー美術館&マルモッタン美術館はそれぞれ個性のある美術館ですが、印象派作品を収蔵する美術館として一貫性があり豊富な作品を楽しんでいただけます。

各美術館の見学だけではありません。美術館の周囲や市内の移動を利用したパリ観光も楽しんでいただきます。


9時30分

セーヌ川に面する元駅舎のオルセー美術館は吹抜けのホールが美しく開放的です。館内には印象派の作品が多く、一日過ごしてもあきません。

オルセー美術館にある作品はパリやパリ周辺をテーマにした作品が多いのが特徴です。絵画の中のパリと実際のパリを比べたりするのが面白いです。

11時半

セーヌ川にかかる橋歩いて渡り、左岸から右岸へ移動します。対岸のチュイルリー公園を抜けたらオランジュリー美術館です。せっかくなのでチュイルリー公園も少し散歩します。公園の中の噴水の周りにはくつろぐ人々でにぎわっています。

12時

オランジュリー美術館見学へ。オランジュリー美術館の目玉はモネが晩年に描いた睡蓮です。絵画を引き立てるためだけに作られた楕円状の空間は自然光が注ぎやわらかな光に包まれています。まるで満開の睡蓮が咲く温室にいるかのような気分です。

13時

見学終了。冬の寒い日であればオニオンスープがおいしくて有名なブラッスリーにお連れします。チーズがサクサクでスープは女性オーナー自慢の味。ランチにピッタリです。

14時

マルモッタン美術館へむけて出発。閑静な住宅街を抜けるので、移動中の車の窓からはまた違った雰囲気を楽しむことが可能です。ところどころ、アールヌーボー様式の建物もあります。

15時半

マルモッタン美術館はむかしの邸宅だった建物を美術館として使っています。住居部分も見ごたえがあるのですが、モネの睡蓮がこれでもか!というほど展示されていて圧巻です。

17時

見学終了。ホテルへお見送りする前に少しだけよりみち。エッフェル塔を楽しめるおススメスポットをご紹介します!


広告